店舗デザイン事例を参考にクリニック開業しました

小さいころから病気がちだったので、身体を鍛えることに

クリニック 店舗デザイン事例「クリニック」イメージのデザイン事例

私は小さいころから病弱な体質でした。
幼稚園の時から発熱や腹痛、咳名でおで頻繁に休園していました。
幼稚園でどんなお遊戯をしたか、どんなお芝居で何の役をしたかなどほとんど覚えていないほどです。
覚えているのは母が良く幼稚園にお休みする旨電話している姿と、私におかゆを作って食べさせてくれたことです。
病弱な体質は小学校に上がってからも変わることがなく、とうとう私は小児喘息を患うまでになってしまったのです。
せき込みが激しく、横隔膜が上下して咳をするたびにお腹まで痛くなる激しさで、母に心配をかけてきました。
小学校でも遠足や運動会を欠席することも多く、寂しい幼少期を過ごしてきたと思います。
母も私の体が弱いことを心配し、小児喘息に良い民間療法はないかといろいろ探し回ってくれました。
あるときご近所の方から小児喘息には体を鍛え、肺や気管支を鍛えることで症状が緩和すると言うことを母が聞いてきました。

BEAMSがクリニックの店舗デザインに関わってるの、意外すぎる…!

記事を読むと、今後はアパレルだけでなく美容や健康領域にも事業を展開していく感じが読みとれる。


RT @wwd_jp ビームスが虎ノ門のクリニックをデザイン 設楽社長は「健康が次の時代の重要なテーマ」と提言 https://t.co/1On3uXqrCS

— ayuco (@ayuco_nacanici) October 17, 2019

小さいころから病気がちだったので、身体を鍛えることに自分の病をきっかけに医者を目指すことに自分のクリニックを開業!店舗デザインにこだわる