店舗デザイン事例を参考にクリニック開業しました

自分のクリニックを開業!店舗デザインにこだわる

小さいころから病気がちだったので、身体を鍛えることに自分の病をきっかけに医者を目指すことに自分のクリニックを開業!店舗デザインにこだわる

そこから私はもう勉強して国立の医学部に進学することが決まりました。
将来医師になって病気で困っている人の手助けや治療を行いたいと切に思い一生懸命勉強し、みごと国家試験に通過することができはれて医師になることができました。
医学部卒業から医大併設の大学病院の医局で研修医として働き、民間病院で長年内科医として経験を積み、大学卒業から20年後はれて自分のクリニックを開業することになったのです。
地域医療に根差し、私や母のように喘息などで辛い思いをされている患者さんのサポートがしたいという一心で開業にこぎつけました。
開業にあたってこだわったのがクリニックのデザインと施工です。
施工業者に店舗デザイン事例の写真や設計図を多数見せていただき、良いものはすべて取り入れ設計していただきました。
まずこだわったのが入口付近のデザインです。
飲食店などの店舗デザイン事例でもよく見られたのは、入り口が広いほうが明るく人が入りやすい雰囲気があるのです。
それを私も取り入れて一般的なクリニックよりも出入り口を大きく取ってもらうことにしました。
またバリアフリー仕様で段差をなくすことで高齢者や車いすのかたでも入りやすいように設計したのです。
おかげでクリニックは明るく入りやすいと好評でした。
また院内は白を基調とし、ところどころピンク色のアクセントをつけ、清潔で衛生的であり優しい雰囲気の内装にしました。
そうすることでお子さんも恐怖心が軽減され診察を受けやすいのではないかと工夫しました。